HOME>オススメ情報>貸すことによって利益を得るだけではないメリット

管理会社に任せる

男女

新築・中古の不動産となる戸建てやマンションも、転勤の話しが出たり、ひょんなきっかけからセカンドハウスを手にすることがあれば、「家を貸す」ことを考えてみるはずです。基本的に賃貸契約を締結する必要がありますが、入居者に主導権が移ることになり、更新を断ることができません。家を貸すだけに、再び住む予定がある貸し主であったり、いずれ売却するつもりで貸すのであれば、借り手とトラブルになりがちです。ですから、一定期間で契約解消という仕組みの「定期借家契約」を締結させておきます。また、賃貸物件となるため、管理は貸し主が行うことになります。遠方からの管理は大変でしょうから、この仕組みに理解を示すリロケーションサービスを行なう管理会社に管理費を支払い、任せることができます。

手続き代行もする

相続したセカンドハウスの賃貸経営という考え方もできる「家を貸す」という仕組みは、同時に留守宅を管理してくれるサポートを受けることもできるため、投資家でなくとも、貸す家があるなら利用できるサービスです。基本的に家を貸すサービスに含まれるのは、入居者を募集することです。入居者がいなければ、宝の持ち腐れとなりやすく、もしも知人などに声をかけて決まっていたのなら、その管理を任せるだけでも可能です。固定資産税や共益費などを支払うワケですが、各種手続きについても代行・代理人になってくれます。

維持させたい

家を貸すことがメリットばかりではないにしても、住環境はこれまで通り維持できることは事実です。また、管理会社に任せることにより、不法侵入などの犯罪のリスクを防ぐことにもなります。もちろん、投資目的で家を貸すのなら、入居者の立ち退きの度に、ハウスクリーニング・リフォーム費用もかかってきますが、これらも外部委託でリーズナブルに行えるでしょう。せっかくの住まいを運用するにも、利益あっての内容です。

広告募集中